ハンドドリップ抽出する際の、ベストなお湯の温度

よく言われているのは、「熱すぎないお湯で抽出するのがコツ」なんて言葉を聞きます。これを実践されている方も多いと思います。
しかし、ベストな温度については一般論で語られる事が多く曖昧な情報でもあります。

ここで、その一般論をおさらいします。

この熱すぎないお湯の温度とは、90 ℃ 前後らしいのですが、
沸騰して、すぐにドリップ用のケトルに移し替えるとこの温度付近になります。

そして温度の違いによる風味の傾向は、

【高めの温度】
苦味やエグミが出やすく、飲み辛くなる。

【低めの温度】
マイルドになるが、特徴や香りが弱く風味もはっきりしない。

これでは何度がベストなのか良く分かりませんね。

ここからは、当店流の考え方でございます。

そもそもハンドドリップの醍醐味は、コーヒー豆のポテンシャルを引出し、風味豊かにおいしいコーヒーを自分好みにアレンジして淹れられる事です。

ハンドドリップは、毎回同じ味にならず苦手意識をお持ちの方もいらっしゃるほどですが、少しの改良で自分好みにアレンジできる手軽な抽出方法であり、様々なタイプのコーヒー豆に対応出来る非常に優れた抽出方法です。

お湯の温度はおいしいコーヒーを淹れるための重要なポイントの一つです。このお話で、ご自身のコーヒー抽出がワンランクアップしたら嬉しいです。

≪風味別の温度のおススメ≫
●コク … 高め
:油分ですので高めの方が抽出されやすくなります。
●香り … 高め
:香りは油分に多く含まれますので高めが適しています。
●甘み … 高め
:短時間にお湯に溶け込ませるために高めが適しています。
●苦味 … 低め
:低めでも、コーヒー豆自体が強にい苦味の場合は少なくなりません。
●酸味 … 高め
:酸味には、コーヒー豆の個性や旨みを多く含みます。高温で抽出する事ではっきりとしてシャープに感じられるようになります。

低めなのは『苦味』だけで、他は高いほど多く抽出されます。

早い話、おすすめの温度は『高め』と言う事になります。
(当店では約93℃)

では、苦味を抑えてコクのある甘いコーヒーを淹れるにはどうしたらよいか?

この答えは、『高め』。

しかし温度が高いと、苦くなりやすいのでは?
と疑問がでます。

簡単に説明すると、高い温度で甘みやコクなどのおいしい成分を多く抽出し、トロッとまろやかなコーヒーに仕上げる事で、苦味が目立たなくなるという事です。逆に、温度を低くしておいしい成分が少なくなると、苦味ばかりが目立ってしまうのです。

更に説明すると、コーヒーの油分をしっかり抽出する事で、苦味をマイルドにして、コクのあるコーヒーにしてくれます。
最高の抽出方法と言われるネルドリップはこの分かりやすい例で、目の粗いフランネル布を油分が通過しやすくなり、苦味の多い深煎りのコーヒーをおいしくしてくれます。
しかし油分が多すぎると全体的にすっきりせず、重くて個性を感じにくくしてしまう傾向もありますので、適度が良いと思います。

この事から、当店のコーヒー抽出のおススメ温度は『高め』となります。

定評のある自家焙煎店で、グレードの高いコーヒー豆を手に入れた際は、ぜひお湯の温度を『高め』でドリップしてみてください。
きっとおいしいコーヒーに仕上がります!